hed.gif (1375 バイト)

jisseki.jpg (2326 バイト) kado_ru.gif (501 バイト)

mds-ment.jpg (3819 バイト)

落葉除去でメンテナンスフリー
(1) 水槽の砂泥管理
1)雨水に含まれる砂泥量
防災調整値など技術規準(案) 環境省 都市基盤整備公団
土地造成後の設計堆砂土量については、、流入面積1ha当1.5m3/年を標準とする。
但し堆砂量、堆責年数は個々の条件の案件ごとに異なるので、施設管理者との協議で決定する。

 

 

北九州市、神戸市、山形市および千葉市での観測値として

屋根排水
21.5〜62.5mg/l

雨水排水
22.6〜52.0mg/l

 

道路、芝地、屋根からなる住宅団地における予測値

74.8mg/l

 

 

 

例えば、M市の「水源の森公園」の舗装面を流下する雨水中のSS分析結果は21mg/m3であった。

計算として年間平均降水量を1,500mmとし、流出抑制対象面積1.0haに対し,600m3の流出抑制槽に20年間にわたり雨水中の砂泥全量が施設に流入・沈積すると仮定するとその値は下記のとおりとなる。

A 1.5m3/ha・年とする場合 1.5m3/hax1.0hax20年= 30m3 30m3/600m3=5%
B 74.8g/m3とする場合 74.8g/m3x1.5m/年x20年
x1.0x10,000m2=
22.4tf 22.4tf/600tf=3.7%

計算のように20年間の堆責量は貯水量600m3の3.7〜5%に過ぎない。泥だめますで沈砂させ除去すれば、水槽は長期間メンテナンスフリーとしてよい。またSSBB槽設置数ヶ所の堆砂実態調査によれば、落ち葉除去が最大の維持管理問題であり、堆砂量で問題になる箇所は認められなかった。

特に堆砂問題があると思われる箇所は、対策として以下を実施する。
         
  • 流入側に泥だめますを設け、流入水中のごみ、砂泥を沈積させ、除去する。           
  • 水槽底盤全面をコンクリート打設し、ピット設置またはU字溝とピットを設置し、泥水をピットへ自然流下させ、ポンプにより吸引除去・清掃する。           
  • 管理人孔を設置し、水槽内部を点検する。           
  • 点検により、必要に応じて、水槽内部をポンプ攪拌し、泥水を吸引清掃する。
 

製品のお問い合わせ、カタログ等のご請求はこちらにお願いいたします。

E-mail:info@hayashibussan.co.jp

TEL:03-3553-3000

FAX:03-3553-3015

kado_rd.gif (389 バイト)

spec.jpg (2384 バイト)
aplc.jpg (2220 バイト)
3type.jpg (2182 バイト)
design.jpg (2194 バイト)
catn.jpg (2705 バイト)
sheet.jpg (2203 バイト)
authr.jpg (2205 バイト)
technl.jpg (2198 バイト)
mnl.jpg (2357 バイト)
proced.jpg (2296 バイト)

back.jpg (1790 バイト)tugihe.jpg (1763 バイト)